機構の沿革

地域イノベーション推進機構


2016年11月1日より、「社会連携研究センター」は「地域イノベーション推進機構」となりました。
それに伴い、社会連携研究室(リエゾン室)は、地域戦略センターに統合されました。

昭和63年11月20日 三重大学共同利用研究開発センター(仮称)設置調査委員会の発足
平成 2年2月17日 三重大学地域共同研究センター設置準備委員会の発足
平成 2年3月29日 三重大学科学技術相談室の開設
平成 2年6月 8日 学内共同教育研究施設として、三重大学地域共同研究センター発足と同時に既設の科学技術相談室はセンター内組織となる。
山本 治 教授が地域共同研究センタ-長に任命される。
平成 2年6月29日 地域共同研究センター設置記念式。看板上掲並びに披露式の開催
平成 2年11月19日 三重大学地域共同研究センター設置記念講演会の開催
平成 5年2月24日 平成4年度補正予算により決定されたセンター建物建築工事の着工
平成 5年11月19日 三重大学地域共同研究センター・遺伝子実験施設建物の竣工、合同開所式の開催
平成 6年1~3月 センター開所を記念し5回の開所記念講演会を開催
平成 6年4月 1日 森野 捷輔教授が、センター長に任命される。
平成 8年4月 1日 山田 哲也 教授が、センター長に任命される。
平成10年4月 1日 妹尾 允史 教授が、センター長に任命される。
平成12年4月 1日 柏村 直樹 教授が、センター長に任命される。
平成13年3月 9日 センター創設10周年を記念し、『産学官研究交流フォーラム・オン・キャンパス2001』を開催
平成14年2月 7日 地域共同研究センター内に、(株)三重ティーエルオー(通称、三重TLO)が設立された。
平成14年4月 1日 徳田正孝 教授が、センター長に任命された。
平成14年4月 リエゾン室の設置
平成15年5月19日 インキュベーション施設の建設着工
平成15年10月 三重大学地域連携推進室の設置
平成16年3月12日 インキュベーション施設の竣工
平成16年4月 1日 地域共同研究センターが創造開発研究センターに改組され、上野 隆二 教授がセンター長に任命された。
平成18年4月 1日 森野 捷輔 研究担当理事がセンター長に任命された。
平成19年4月 1日 奥村 克純 研究担当理事がセンター長に任命された。
平成21年4月 1日 創造開発研究センターが社会連携研究センターに改組され、鈴木 宏治 研究担当理事がセンター長に任命された。
平成23年4月 1日 武田保雄統括・研究担当理事がセンター長に任命された。
平成25年4月 1日 吉岡基理事がセンター長に任命された。
平成27年4月 1日 鶴岡信治理事がセンター長に任命された。
平成28年11月 1日 社会連携研究センターが地域イノベーション推進機構に改組

 

先端科学研究支援センター


平成15年4月1日、三重大学・学内共同利用施設(遺伝子実験施設、遺伝子実験施設アイソトープ実験室、機器分析センター、電子顕微鏡センター)および学部施設(医学部附属動物実験施設、医学部・生物資源学部の各アイソトープ実験室)が統合し、「生命科学研究支援センター」が発足しました。
平成28年11月1日、「生命科学研究支援センター」は「地域イノベーション推進機構 先端科学研究支援センター」となりました。

遺伝子実験施設

平成2年6月 遺伝子実験施設設置
平成5年11月 共同利用開始
平成15年4月 生命科学研究支援センターに統合

動物実験施設

昭和54年4月 医学部附属動物実験施設設置
昭和58年3月 共同利用開始
平成15年4月 生命科学研究支援センターに統合

機器分析施設(社会連携研究センターヘ移行)

平成4年4月 機器分析センター設置
平成7年1月 共同利用開始
平成15年4月 生命科学研究支援センターに統合
平成23年4月 社会連携研究センター研究展開支援拠点へ移行

電子顕微鏡施設

昭和56年4月 電子顕微鏡センター設置
平成15年4月 生命科学研究支援センターに統合

アイソトープ実験施設

昭和42年2月 農学部アイソトープ実験室共同利用開始
昭和58年3月 医学部アイソトープ実験室共同利用開始
平成4年4月 農学部アイソトープ実験室を生物資源学部アイソトープ実験室に改称
平成5年12月 遺伝子実験施設アイソトープ実験室共同利用開始
平成15年4月 生命科学研究支援センターに統合
平成21年2月 アイソトープ遺伝子実験施設廃止